いつもつかう風俗店が工事中なので、体験談を読んで欲求を満たしています!

ぽっちゃりでも顔がカワイイ方が風俗はいける

男同士で繰り出される会話のひとつと言えば、「顔かスタイルか」というものもあるじゃないですか。要するに、風俗でいうところの「顔はモンスターの部類かもしれないけれど、スタイルはおっぱいが大きくて太ってなくってかなり良い女性」か、もしくは「顔は幼い幼い目がぱっちり系の女性だけれど、ややドラム缶気味の女性」のどちらがいいのか…といったような話です。僕も、実際に風俗でモンスターフェイスな女性に当たる前は、「顔なんてどうでもいいから、おっぱいだよおっぱい!」などと豪語していたものですが、けれどもやはり、顔がアレ過ぎますと、なかなかいけないのですよね。おっぱいに集中したところで、顔はなんらかのアクセントなのかと思うぐらいに、スパイス的に入ってきてしまうじゃないですか。そのスパイスがきついのなんのって。そしてその都度、おもしろいぐらいにしぼむようで、嬢も「あれあれ~?」などと、疑問には思ったようです。ですからもうそれ以来は、ぽっちゃりでも顔を優先させて選ぶようになっています。まあ顔の見分けの方が風俗の場合は、難しいものなのですけれどね。

風俗で大変なんですね

地元の某デリヘルを利用した時、嬢から聞いた話です。HPに「風俗未経験」とか「体験入店」といった文字があるとどうしても反応してしまいます。ベテランのプロの技も安心感があって良いのですが、風俗未経験な「ど素人」ならではの危なっかしさもまた魅力的だからです。そんなある時、HPに写真も無い体験入店の嬢を指名したのです。来たのは若くて風俗嬢っぽさが無い可愛い子でした。「へー可愛いねー」「そんな事ないよー」と笑顔で返されましたが、実際レベルは結構高めです。「初めてなの、デリ」と聞くと「ううん、二つめかな」との事です。そこから詮索すると長くなりそうだったのでプレイに移行しました。経験がある分、プレイはスムーズでした。無事フィニッシュし、残り時間は雑談です。「最初の店はどうしたの?」「ちょっとあってね」聞けば最初の店は辞めたい嬢を無視し、HPへの掲載を続けたそうで、その後携帯を換えたりして店との関係を断ったそうです。その後嬢の前店のHPを見ると、まだ写真が載っていたのでした。

かわいすぎる風俗嬢

週末になると風俗を楽しんでいる独身男性です。最近一番思い出に残っている風俗嬢はMちゃんという風俗嬢です。あるファッションヘルスでMちゃんと出会いました。個室に向かうためにL字型の廊下を曲がると、Mちゃんは私の姿を発見し、走ってきて思いきりハグをしました。掴みはOKというかんじで、もうMちゃんを好きになっている自分がいました。シャワールームでMちゃんのおっぱいを洗ってあげていると、Mちゃんも「お返し」と言って、あそこを洗ってくれました。洗い方がエロいので、発射しちゃいました。Mちゃんはキャハっと笑って、もう一回しようと言いました。部屋に入り、すっかり回復したあそこを見たMちゃんは私に抱き着いてキスをしました。すごいディープキスでとろけてしまいそうです。そして密着素股という、座りながら抱き合って素股をするというサービスを受けました。恋人気分がすごすぎるサービスで、果てた時に風俗嬢でもMちゃんとなら付き合いたいと思ったほどでした。

風俗でこの人妻がすごい!

「とにかくすごいテクニックだった!」風俗関係の掲示板で嘘か真か評判を呼んでいるお店がありました。その風俗店Kにいる人妻キャストのAさんが、ものすごいテクニシャンだというのです。この手の話はよく出ているので、私は眉唾ものだと話半分に見ていました。しかし旅行でちょうどその風俗店Kに近い場所に行くことになったので、いい機会だし行ってみようかなと興味本位で予約をしてみることにしました。「そちらのお店にイニシャルがAという人妻います?」聞いてみるとどうやら実在するようです。運よく私が行く予定の日にAさんがいるようなので、お願いすることにしました。そうしてご対面したAさんは、見るからにエッチが好きそうないやらしい身体つきをしていました。とにかくお任せしてみようと、密着洗体からベッドに移動してフェラで一回。たしかに上手だけどやっぱりこんなもんだよなと、ちょっとがっかりしていたら始まった騎乗位素股。一瞬入ってしまったんじゃないかと錯覚していまうくらいの極上の太股の触感で、あっという間に昇天してしまいました。すごいと評判だったのは彼女の素股だったのです。後日「噂マジだった!」と掲示板に書き込んだのは言うまでもありません。
マットはソープランドだけのもの?その考えはもう古い!このサイトではマットプレイができる風俗店を掲載中!ぜひ利用しよう!